« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

9/5高熱でダウン

9月4日朝起きたら全身が痛い。りんごの収穫が始まり20kgのコンテナの上げ下げで筋肉痛か  なと思っていました。りんごの収穫作業をしていてもだるさが取れません。昼にこれはおかし いと思って体温を測ったら38度2分あり風邪かなと思い家族に熱がある旨伝えたら、娘が今の時期の高熱は新型インフルエンザが心配なのですぐ病院で検査してもらったほうがいいから早く病院に行けと怒られる始末。そういえば38度台の高熱は経験がなく、これまでは37 度台で体調の変調があるので市販の薬で対応していました。

9/2に県庁に出向いたのでインフルエンザの可能性は無きにしも非ずと思い、娘に薦められ国立A病院に行きました。 受付で状況を話しインフルエンザの心配があるので診てほしいとお願いしたところ、受付の女性が今まで来たことがありますかというので大分前に来たことがあるといううと、今度は事務の女性達がひそひそ話を開始、やがて一人の女性が診察室の方へ行く。しばらくするとその女性がこちらのほうへ来て、外来は午前中しかしない、今先生は病棟のほうを回っているので時間が掛かる待てますかと言う。せっかく来たのだからどのくらい待てばいいのかと聞けば、それには答えず、外来は午前中といのを知らなかったのかと言われ、やんわりよその病院へいってくれと諭されてしまいました、

最初の対応からずっと様子を見ていたので、検診を断られた時点で無性に腹が立ってきました。体調がいいと怒り爆発なのですが、この日はその元気がありません。わかりましたと言い娘に連絡迎えに来てもらいました。断られたことで腹が立っているので全身のだるさがどこかへ行ってしまいました。そのままりんご園に向かい残っている作業を続け早めに終わらせ帰宅しました。家に帰って体温を測ったら38度5分即行寝てしまいました。

9/5日は収穫の予定をしていたので体がだるい中りんご収穫作業を行ないなしたが、午前中でリタイヤ。体温を測ったら39度4分これはいよいよインフルエンザではと思い市立病院へ電話。市立病院は休日対応なので、今日は外科の先生しかいないがすぐ来てくださいといわれ病院へ行きました。診断の結果インフルエンザではないとの結論。仕事が詰まっているので取敢えず熱を下げる対応をお願いし、薬を処方してもらいました。現在はまだ熱が少し高い状態にありますが一番心配したインフルエンザの恐れがなくなったことで精神的にはきらくになっています。しばらくはあまり無理をしないで体調を整えこれからの作業に備えたいと思います。

今回の発熱で思ったことは、毎日のように報道される新型インフルエンザの対応が、全ての地域、職業等で徹底することの難しさから急激な患者数の増加や死亡者が出ているにもかかわらず、最後の砦の病院の対応のずさんさを改めて体験しました。当地も医者不足の地域にあることは間違いなく大学病院からの持ち回り派遣で医者が病院を巡回していることは承知しています。通常であれば病院の対応も理解できないことはなく、病院の都合でいいとは思います。しかしこれだけ大きく報道され、38度以上の熱はインフルエンザの心配があるのですぐ病院で診察するように指摘されるなかで、国民は発熱に神経質になっていますが、それを受ける公共機関は対応が出来ない現状です。

個人的な意見ですが、このような現状がある中でのマスコミの過剰な報道は逆にパニック状態になるおそれがあり、これから爆発的に増加するであろうと予測されているなかでは益々その傾向が強くなると思われます。オイルショックの時にそうであったように。今回は命が掛かっている分深刻だと思うのです。私の場合もマスコミ報道から家族にインフルエンザが蔓延したら大変だと思うことからの行動でありますので、発熱がある人は皆同じ思いをしているのではないかと考えます。

9/2 つがるの選りもぎを開始

つがるのりんごが真っ赤に色づいたので選りもぎを開始しました。

つがるは着色にバラツキがあるりんごで、熟度が進んだりんごから順次収穫して行きます。

着色の度合、熟度を見ながらの収穫なので結構大変です。

今年のつがるの熟度は平年よりやや早いとのこと。

今年の冷夏の中で日照不足で野菜等の不作が話題になりましたが、当地でも

色んなところから日照不足の被害の話が聞こえてきます。

当園のトマトも多少影響を受けましたが、問題のない範囲で納まっています。

りんごも日照不足の影響を心配していましたが、つがるを知人に味見させたところ

とても美味しいと喜ばれ、一安心したところです。ただ大玉傾向にあり、大玉は

軟質傾向にあることから今後の熟度の進み具合に気をもんでいます。

9月の天気予報では暑いということなので軟質果にならないよう毎日の管理が

大変になってきました。

今年は夜温が低く着色は順調にいっているので、熟度をよくみていこうと思います。

りんご園画像参照

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »